カテゴリー「06 YANGON・PC、携帯、Wifi」の2件の記事

インターネット、スマフォ、Wifi、PC

2020年12月 3日 (木)

●ヤンゴンで「スマホ」と「タブレット」を購入。2020年12月3日

◇ヤンゴンに来てから4台目のスマホタブレット(初めて)
 買いました。

 今回、購入したお店は、店員の対応も良く、詳しく説明して頂いたので、
 お店のチラシをご紹介します。

 ※お店から宣伝料などは頂いていませんので、
 自分の目で確かめてから
ご購入下さいね(=^・^=)

≪2020年12月9日の為替レート≫
・¥100=1,278ks
・US$1=1,331ks


【UNIQUEのチラシ】
20201203unique00_20201210005401

20201203unique01_20201210005401

20201203unique02_20201210005501

20201203unique03

※因みに、今回購入したのは。。。
 「OPPO A92」
 「SAMSUNG GALAXY Tab 56 Lite」
 です。

   

2020年7月30日 (木)

◆ミャンマーの携帯電話&Wifi事情 ≪2020年7月≫

◆ミャンマーの携帯電話&Wifiについて

外国人を対象にしているホテルには、基本的にWifiが
設置されていますので、チェックイン時に「ID、パスワード」
を確認すると良いです。

Wifiが設置されている飲食店もありますので、
店員に確認してくださいね。

※ワイファイ シーラ?(WIFI ありますか)

スマフォを見せながら、上記のミャンマー語を言えば、
親切に教えてくれることが多いです。

お持ちのスマホがSIMフリー端末の場合、空港や街中で
SIMカード(約100円)を購入して通話やインターネットを利用する
ことができますので、オススメです。

SIMカードを購入し、トップアップ(フォンベイ)と呼ばれる
テレホンカード(プリペイドカード)のようなものを購入し、
電話をかけるようにしてチャージするだけでOKです。

※SIMカード(携帯電話会社)の種類
 1)MPT・・・国営のミャンマー郵電公社、地方都市などでは安心。
         ※KDDIが業務提携しています。
    
 2)テレノール(Telenor)・・・ノルウェーの通信会社。
 3)ウーレドゥー(Ooredoo)・・・カタールの通信会社。
 4)マイテル(Mytel)・・・ベトナム軍隊通信グループ(ベトテル)。

※テレホンカード(プリペイドカード)の種類
 ・各通信会社ともに、1,000ks(約80円)~10,000ks(約800円)
  の間で5種類くらい。

尚、ミャンマーで販売されているスマホには、SIMカードが2つ入る
機種が多いです。(iPhoneは一つですが。)

因みに、私は「MPT(通話用)&Ooredoo(データ通信用)」で
利用しています。(2020年7月現在)

以前は、日本からWifiルータを持って来られる方が多かったですが、
上記の状況などを考慮してご検討ください。

Mptprecard
◎MPTのTop Up Card(プリペイドカード)=表=

Mptprecard_20200730200701
◎MPTのTop Up Card(プリペイドカード)=裏=
 チャージの手順がミャンマー語と英語で書いてあります。

Tel
※スーパーマーケットやコンビニでは、上の写真にある
 カードをレジに出して支払いを行い、レシート用紙に

 番号が印刷されて渡される販売方法もあります。

カテゴリー