カテゴリー「92 MYANMAR・娯楽、趣味、動物」の2件の記事

犬、猫、象、サッカー

2019年5月 1日 (水)

●ミャンマーの犬たち

◆ミャンマーには、地域犬(ちいきいぬ、のら犬?)が沢山います。

ミャンマーでは至る所に犬がいます。
日中は、歩道の真ん中で寝ていることも多いので
歩く時は注意しています。
街中に、犬の糞も多いので、こちらも要注意です。

ミャンマーの犬は、ご近所の皆さんがご飯をあげるので
飢えている様子はなく、飼い犬のようにおとなしいです。
まさに、地域で飼っている感じです。

ところが、暗くなると元気になり、群れをなして
遠吠えをしながら走り回ります。そういう場面に
遭遇したことがありますが、かなりスリリングです。

交通事故、狂犬病などの原因ともなるので、政府も
野良犬を捕まえようとしますが、地域の人たちが
家の中に入れて、保護するのでなかなか減りません。

予防注射や避妊手術をボランティアにて行っている
獣医さんもいますが、なかなか改善は難しいようです。

狂犬病による死亡者数は全世界で毎年約5万5000人で、
ミャンマー国内でも1000人〜1200人ほどが死亡している
そうです。
狂犬病は発症すると治療法はなく,死に至る病気ですので、
噛まれてしまった場合には,すぐに傷口を石けんと流水で
よく洗い流してから消毒し,狂犬病ワクチンを接種するように
しましょう。
尚、狂犬病の予防注射をしていても安心できないそうですので、
必ずお医者さん行きましょう。

数は少ないですが、飼い犬として、ハスキー、チワワ、
パグ、ラブラトールレトリバー、などが散歩しているのを
見かけたことがあります。

ヤンゴンには、ペットショップも複数あり、
主なペット用品は購入することが可能です。

Inu02
◎道路でくつろぐ”のら犬”

Inu01
◎銀行の入口でくつろぐ”のら犬”

 

2018年6月 7日 (木)

●ミャンマーの鳥たち

◆ヤンゴンで良く見る鳥は、カラス、鳩、スズメです。
 カラスとスズメは、日本で見かけるより小ぶりです。
 5月ごろになると、ツバメもたくさん飛んでいます。

 ミャンマーでは、徳を積むためにお寺の近くで、
 カゴに入っている
小鳥を開放してあげる光景も
 見かけます。(1羽500KS)

 街中では、鳥たち(主に鳩)のご飯を売っている人がいて、
 そのご飯(餌)を購入して、鳥たちに施す光景も良く見かけます。

 動物たちにご飯をあげることは、より良い来世を迎えるために
 徳を積むことになります。

01_20200616203101
◎スズメたちのご飯(寄付、ドネーション)
 ※行商の人が売り歩いています。

Tori01
◎エサを求めて集まるハトの群れ
 前を歩いていた女性がエサを購入!
 エサ代は500ks(約40円)。

Tori02
◎路上で鳩のエサを買い、鳩たちにあげて
 徳を積む人。
 寄付大国ミャンマーでは良く見かける光景です。

カテゴリー