カテゴリー「30 MYANMAR・交通」の6件の記事

国際線、国内線、タクシー(Grab)、市内バス(YBS)、電車、長距離バス、船、サイカー

2020年12月 5日 (土)

●ミャンマーの車事情≪2020年12月5日追記≫

◆ミャンマーの交通手段は、バスと車(タクシー)が中心です。

東南アジアには、日本車が数多く走っている国が少なくないですが、
ミャンマーも走っている車は、90%以上が日本車(輸入中古車)です。

ヤンゴンでは、日本でいうところの「ライトバン」をよく見かけます。
その大半がトヨタの「プロボックス/サクシード」と「カルディナバン」です。
そのボディカラーは白が人気です。タクシーによく使われています。

グループ観光や駐在員の専用車としては、「アルファード」に人気があり、
ミャンマーのステータスカーは、「クラウン」、「ラウンドクルーザー」など
のようです。

日本とは逆の右側通行(左ハンドル)ですが、走っているクルマの
ほとんどが右ハンドルです。ミャンマーはかつてイギリス領だったので、
左側通行でしたが1970年に切り替えました。

2020年上半期(1~6月)の新車販売台数は9,537台で、
内訳は乗用車は7,072台、商用車が2,465台でした。
(コロナ禍の影響で、前年を下回ったようです。)

メーカー別販売台数は、乗用車は首位のスズキが3,981台
2位のトヨタが1,426台となった。
商用車ではスズキが1,193台、2位のトヨタが440台となっており、
完成車を輸入販売しているトヨタが乗用車、商用車ともに多いです。

03
◎NLDを応援するアルファード
(ミャンマーの総選挙は2020年11月8日)

04
◎人気のあるラウンドクルーザー

02_20201001121901
◎テスラ(電気自動車)こんな車も・・・

01_20201001122001
◎YGN(ヤンゴン)にもいろいろな車が・・・

05
◎クラッシクでおしゃれな車

Yangonnorimono01
◎レトロな日野自動車


Img_20201201_140332
◎日本からの中古輸入車(軽トラック)
最近は減りましたが、5年くらい前までは、
中古車に日本語の文字が書かれていると
日本からの輸入中古車(車検制度のおかげで
品質が良い)を証明することになり、価格も
髙かったそうですが、最近は車体に日本語が
書かれた中古車は減りました。

2020年8月21日 (金)

●路線バス(YBS)のICカード決済システム(YPS)スタート。

2020年7月16日からヤンゴン市内の路線バス(YBS)で、
ICカード決済システム「YPS(Yangon Payment Service)カード」
の導入が始まりました。

ヤンゴン市とASTI Companyが共同して始めたシステムで、
乗客の利便性が向上すると思います。

バスの乗車口と降車口に、それぞれタッチシステムを設置されていて、
乗る時と降りる時にタッチします。
※YBSは前方乗車、後方降車が基本。

高齢者用カード、学生用カード、公務員用カード、一般のカード
4種類があり、利用には登録が必要とのことです。
(登録しないと紛失した時に代替カードが頂けないそうです。)

2020年8月現在、
12番、14番、24番、 25番、30番、38番、43番58番、
62番、65番
72番、87番、88番、89番、96番
の路線バスにて利用できます。
赤字は、わが家で良く利用するバスです。)

カードは、ヤンゴンのチャウタダ郡区、タムウェ郡区、マヤンゴン郡区や
バハン郡区にある販売所やサービスショップ(7店)、
「G&G」コンビニエンスストア(102店)で扱う。
1枚2,000Ksで、1,000Ks~5万Ksの範囲でチャージが可能です。

ヤンゴンでは、バスが通勤で一番使われている”市民の足”ですので、
バスを楽しんでいるわが家としては維持管理をしっかりして頂き、
拡大普及してほしいと願っています。

≪2020/08/21追記≫
電子カードリーダーが設置されているバスは、
1,200台(2020年8月現在)ありますが、ヤンゴン市内で
運行されている市内バスは3,000台ありますので、
今後もバスへの設置を増やしていくそうです。

2020年8月10日までの電子カード利用者は32,000人となっており、

1日のバス利用者100万人(ヤンゴン市内)に対しての
利用率はまだ高くないようです。


Yps20200807
◎早速、夫婦で2枚購入しました。
 YPSカード(1枚2,000ks)+3,000ksチャージ済み

 Yps20200807_20200807193701
◎YBSバスの降車口に付けられたカード読み取り機。
 乗車口にも設置されています。
 ※YBSは前方乗車、後方降車が基本です。
 

Yps20200901
◎YPSカードの販売所(ミャンマープラザ前のバス停)

2020年7月 2日 (木)

●ミャンマーでバス旅行を楽しむ

◆ミャンマーでのバス旅行は快適!?

ミャンマーでは、国内の長距離移動手段として、飛行機、バス、鉄道、
専用車
があります。


長距離バスは事前にチケット手配が必要です。

利用時期にもよりますが、満席になることも多いようです。
現地での会話に自信があれば、バス会社にて直接購入することも
可能です。

会話に自信がない方は、現地の旅行会社へ手配をお願いした方が良い
と思います。
特に、ヤンゴンに事務所のある”さくら観光”は、スタッフの皆さんが
日本語
堪能で、とても親切なので、日本語のメールや電話で
手配が可能で便利です。    【私見ですが。。。(=^・^=)】

※さくら観光は≪お勧めサイト≫にてご紹介していますが、
 「地球の歩き方=ミャンマー編=」にも掲載されています。

長距離バスには、3列のリクライニング・シートで女性の添乗員が
軽食などをサービスしてくれる会社もありますので、
事前に良く確認してください。

VIPバスで人気のある「JJ EXPRESS」が、新型コロナ感染対策
として
個室バスをリリースしたそうです。【2020年7月11日追記】

JJ EXPRESSでは、この個室バスを運行するのは
「ヤンゴン⇔マンダレー間」
のみの予定で、
料金は29,800ks(約2,400円)とのことです。

運行は2020年6月15日からで、個室は17席だそうです。
Busjjpress

バス料金は、バスのグレード・行き先・時期などにより異なりますが、
髙くても数十ドル(旅行会社の手数料込み)なので、飛行機に比べる
リーズナブルです。


尚、雨季はスリップ事故が多いので、高速道路を利用する移動は
お勧め出来ません。

◆さくら観光様で手配可能なバス各社。【2020年7月2日現在】
  
🚌 Famous Traveller Express
🚌 E Lite Express
🚌 JJ Express
🚌 High Class Express
🚌 Mandalarmin
🚌 Khaing Mandalay
🚌 Shwe Madalar
🚌 Shwe Mandalay
🚌 GI Group
🚌 LUMBINI Express
🚌 Myat Mandalar Tun
🚌 Moe Kaung Kin
🚌 Academy
🚌 Tet Lann
🚌 Htet Nay Won
🚌 Shwe Zin Satkyar
🚌 Shwe Taung Yoe
🚌 Shwe Lonn Pyan
🚌 Bagan Minnthar
🚌 New Mandalar Tun
🚌 Mann Yar Zar
🚌 Yar Zar Tun
🚌 Nan Htaik Taw Win
🚌 Moe Htet Akar
🚌 Chinn Taung Tan
🚌 Ye Aung Lan
🚌 Zay Yar Myaing Gyi
🚌 Ngwe Hnin Mandalar
🚌 Anty Win
🚌 Myo Set Thit
🚌 Asia
🚌 Shwe Yar Zar
🚌 Thein Than Kaday
🚌 Zay Yar Shwe Pyay
🚌 Mya Yadanar
🚌 Kan Htoo Aung

★ミャンマーでは、新設、休業などがよくありますので、
 必ず、直前にバス会社or旅行会社へお問合せくださいね。

Myanmarbus01
◎ミャンマーの高速道路を走る長距離バス

2020年6月 1日 (月)

●ミャンマーへの行き方(国際線)

◆日本からミャンマーへ行く方法

日本からミャンマー(Myanmar)への行き方には、以下の方法があります。

1)飛行機でミャンマーの国際空港(ヤンゴン、マンダレー、ネピドー)
  から入る。
2)陸路で、タイ、中国などの国境から入る。
                  (筆者未体験の為、記載なし。)
3)クルーズ船にて、ヤンゴンの港から入る。
                  (筆者未体験の為、記載なし。)

上記の2)、3)については、詳しい旅行会社へお問合せください。

◎Yangon(ヤンゴン、ミャンマーの最大都市)へ日本から行く方法。

■直行便は、東京(成田)発の全日空(ANA)のみ。(2020年6月現在)

 全日空(ANA)が1日1便、
 成田国際空港(NRT)とヤンゴン国際空港(RGN)を結ぶ直行便を
 運航しています。
               ※RGN・・・旧地名ラングーンの略称。

 料金は、往復10万円前後です。(時期により異なります。)

  ・往路:成田(午前発)→ ヤンゴン(当日、夕方着) 
      ※約8時間、早まることが多いです。(食事1回)
      ※時差2時間30分。(日本:11時=ミャンマー:13時30分)
  ・復路:ヤンゴン(夜間発)→ 成田(翌日、早朝着) 
      ※約6時間。(到着2時間(日本時間4時頃)前に、朝食です)

  ・使用機材は中型旅客機であるボーイング767-300です。

 日本のフルサービスキャリアなので安心できます。
 ”乗り継ぎ便(トランジット)”と比べると高くなるので、
 ビジネス利用、団体ツアー、及び日本語でのサービスを希望する方
 に向いていると思います。

 成田空港以外からの直行便は無いので、首都圏在住でない人は、
 国内便(ANA)にて成田空港まで行き、ANA便を利用する。
 または、以下にご紹介する”乗り継ぎ便”のご利用となります。

■乗り継ぎ便を利用する。

 首都圏・大阪・名古屋・福岡・札幌などからミャンマーへ行く場合、
 選択肢の多い”乗り継ぎ便”が利用できます。

 ”乗り継ぎ便”の代表的なコース・・・

 ◇ベトナム航空を利用して「ハノイ」や「ホーチミン」で乗り継ぎ
                        (筆者おススメ)

 ◇タイ航空を利用して「バンコク」で乗り継ぎ
    ※2020年5月:タイ国際航空は経営破たん。
           詳細は別途ご確認ください。

 ◇マレーシア航空を利用して「クアラルンプール」で乗り継ぎ

 ◇エアアジアなどのLCCを利用して「バンコク」や
  「クアラルンプール」で乗り継ぎ

 ◇中華系航空会社を利用して「北京」や「上海」で乗り継ぎ

     ☆料金の最安値は往復5万円程度。(時期により異なります。)

 LCCであるエアアジアが最安値のことが多いですが、荷物代や食事代が

 別料金になるので、総合的に判断することをお勧めします。

 また、時期によってはLCCでも値段が高く、フルサービスキャリアの

 航空会社とトータルの値段で、差があまりないこともあります。

 ★乗り継ぎ便を利用する場合には、乗り継ぎ都市にて滞在(宿泊)し、
  観光やビジネスを行うことも可能になります。

 ★乗り継ぎ便を利用する場合には、乗り継ぎの空港(同一国で)が

  異なる場合があり、乗り継ぎの国で入国手続きを行う事も

  稀にありますので、ご注意ください。

 

◎Mandalay(マンダレー、ミャンマー第2の都市)へ日本から行く方法

・日本からマンダレーへは乗り継ぎ便のみ。
            (2020年6月現在、日本からの直行便なし)

・”乗り継ぎ便”の場合は、

 ◇タイ航空を利用して「バンコク」で乗り換え
    ※2020年5月:タイ国際航空は経営破たん。
           詳細は別途ご確認ください。

 ◇中国東方航空を利用して「上海」で乗り換え

  などがあります。

    ☆料金は往復6万円程度。(時期により異なります。)

 

▼ミャンマー行きの格安航空券検索は・・・(調査中)

2017anafuji_20200703203101
◎「NARITA⇔YANGON」の直行便。
 2020年6月現在は、全日空(ANA)のみ。

2019年12月18日 (水)

●ミャンマーに来たらサイカーに乗ろう!

◆東南アジアには、国によって特徴のある乗り物があります。

 ミャンマーにも自転車(地方ではオートバイ)にサイドカー(2人乗り、
 前向き&後ろ向き)
がついたサイカーという乗り物があります。
 風を感じながら走るのでとても気持ちが良く、私は大好きです。

 サイカーは、営業エリアが決められていて、認可制になっているようです。
 バス停や大きな交差点の近くで、数台のサイカーがお客を待っていて、
 待機しているサイカーに声をかけると、お客が均等になるように順番を
 守って
仕事をシェアしています。

 サイカーの料金は、2ブロックの距離で800KS(60円)
 ~1,500KS(120円)ぐらいです。

 私たちも市場の帰りによく利用しますが、馴染みのサイカーに乗るので
 荷物が多くても
いつも同じ料金(1,000KS(80円))です。

 観光で周遊することもできますが、値段を事前に確認することが
 大事です。

 また、最近は観光客を狙って、事前に確認した値段と違う金額を
 請求されたり、
遠くまで連れて行かれてから、帰りの料金として
 高額請求されることもあるので、
観光で利用する場合には、
 現地ガイドなどに同行して頂くようにしてください。

Saicar01
◎サイカー(屋根に幌付き)

Saicar02


Saicar03

20200704saicar

2019年11月10日 (日)

●YBS(ヤンゴン市内バス)に乗る

YBS(Yangon Bus Service)に乗る。

ヤンゴンの移動手段としては、路線バスタクシー、鉄道、サイカー、
専用車(レンタル)があります。

ヤンゴン市民は、市内全域を網羅したYBS(Yangon Bus Service)
利用します。

路バスの魅力は値段の安さですが、運行時間(始発、最終、時刻表なし)
がはっきりしていないのが残念です。

バスの運行はだいぶ改善されてきましたが、運転手によっては急停車、
急加速などもありますので、車内で立っている時は、必ず手すりに
つかまって
下さい。
(イスから落ちる、転倒するなどのアクティビティを何度か体験して
 います。)

2019年から、ヤンゴン空港と市内の間を移動できる路線バスが
できました。

料金は乗る時に料金箱へ入れます。
(料金は同一。乗車距離は関係なし)

おつりは貰えませんので、100KS(チャット)、200KS(チャット)
の紙幣を事前に準備することをお勧めします。

※ミャンマーの通貨単位 MMK=KS。
 現在、コイン通貨はありません

地元の方は、後から乗るお客さんからお釣り分の小銭を受け取ります
ので、この方法にチャレンジするのも楽しいです。

・市内循環バス
  (YBS:56番、57番、58番)・・・100KS(約8円)

・路線バス
  (YBS:1番 ~ 100番、100番以上は把握できていません)
   ほとんどの路線バス・・・200KS(約16円)
   郊外まで行くバス・・・300KS~
           ※郊外までは、まだ乗ったことがありません。

・空港バス(Airport Bus) 1回・・・500KS(約40円)
   ヤンゴン空港⇔スーレー・パゴダ
   (空港⇔ガバエ・パゴダ⇔ミャンマー・プラザ
    ⇔シャングリラ・ホテル(スーレーパゴダ)
    ⇔OCEAN MALL⇔レーダン⇔空港)

Ybs02
 ◎ヤンゴン市内を走るバス(ワンマン、前から乗車)

Ybs01_20200608002801
◎降車時は、ボタンを押して後ろのドアから降りる。

2020
※混んでいる時は、早めに降車ドア近くへ行かないと
 降りられないことがあります。(体験済み)
 最近はスリにあうこともあるとのことですので、
 注意してください。(残念ですが。。。)

Ybs04
◎仏教国ならではの習慣だと思いますが、
 お坊さん(尼さんは?)向けの優先席があります。

Ybs03
◎ヤンゴンの中心街(スーレー周辺)付近のバス停。
 後方にある高い建物は、”さくらタワー”で、
 日系企業、JICAなどが入居しています。
 最上階には、眺めがとても良いレストラン
 「スカイ ビストロ」があります。

カテゴリー