« ●ヤンゴンで「スマホ」と「タブレット」を購入。2020年12月3日 | トップページ | ●ミャンマーで買いもの=Sein Gay Har= »

2020年12月 5日 (土)

●ミャンマーの車事情≪2020年12月5日追記≫

◆ミャンマーの交通手段は、バスと車(タクシー)が中心です。

東南アジアには、日本車が数多く走っている国が少なくないですが、
ミャンマーも走っている車は、90%以上が日本車(輸入中古車)です。

ヤンゴンでは、日本でいうところの「ライトバン」をよく見かけます。
その大半がトヨタの「プロボックス/サクシード」と「カルディナバン」です。
そのボディカラーは白が人気です。タクシーによく使われています。

グループ観光や駐在員の専用車としては、「アルファード」に人気があり、
ミャンマーのステータスカーは、「クラウン」、「ラウンドクルーザー」など
のようです。

日本とは逆の右側通行(左ハンドル)ですが、走っているクルマの
ほとんどが右ハンドルです。ミャンマーはかつてイギリス領だったので、
左側通行でしたが1970年に切り替えました。

2020年上半期(1~6月)の新車販売台数は9,537台で、
内訳は乗用車は7,072台、商用車が2,465台でした。
(コロナ禍の影響で、前年を下回ったようです。)

メーカー別販売台数は、乗用車は首位のスズキが3,981台
2位のトヨタが1,426台となった。
商用車ではスズキが1,193台、2位のトヨタが440台となっており、
完成車を輸入販売しているトヨタが乗用車、商用車ともに多いです。

03
◎NLDを応援するアルファード
(ミャンマーの総選挙は2020年11月8日)

04
◎人気のあるラウンドクルーザー

02_20201001121901
◎テスラ(電気自動車)こんな車も・・・

01_20201001122001
◎YGN(ヤンゴン)にもいろいろな車が・・・

05
◎クラッシクでおしゃれな車

Yangonnorimono01
◎レトロな日野自動車


Img_20201201_140332
◎日本からの中古輸入車(軽トラック)
最近は減りましたが、5年くらい前までは、
中古車に日本語の文字が書かれていると
日本からの輸入中古車(車検制度のおかげで
品質が良い)を証明することになり、価格も
髙かったそうですが、最近は車体に日本語が
書かれた中古車は減りました。

« ●ヤンゴンで「スマホ」と「タブレット」を購入。2020年12月3日 | トップページ | ●ミャンマーで買いもの=Sein Gay Har= »

30 MYANMAR・交通」カテゴリの記事

カテゴリー