« 2020年6月 | トップページ | 2020年8月 »

2020年7月

2020年7月30日 (木)

◆ミャンマーの携帯電話&Wifi事情 ≪2020年7月≫

◆ミャンマーの携帯電話&Wifiについて

外国人を対象にしているホテルには、基本的にWifiが
設置されていますので、チェックイン時に「ID、パスワード」
を確認すると良いです。

Wifiが設置されている飲食店もありますので、
店員に確認してくださいね。

※ワイファイ シーラ?(WIFI ありますか)

スマフォを見せながら、上記のミャンマー語を言えば、
親切に教えてくれることが多いです。

お持ちのスマホがSIMフリー端末の場合、空港や街中で
SIMカード(約100円)を購入して通話やインターネットを利用する
ことができますので、オススメです。

SIMカードを購入し、トップアップ(フォンベイ)と呼ばれる
テレホンカード(プリペイドカード)のようなものを購入し、
電話をかけるようにしてチャージするだけでOKです。

※SIMカード(携帯電話会社)の種類
 1)MPT・・・国営のミャンマー郵電公社、地方都市などでは安心。
         ※KDDIが業務提携しています。
    
 2)テレノール(Telenor)・・・ノルウェーの通信会社。
 3)ウーレドゥー(Ooredoo)・・・カタールの通信会社。
 4)マイテル(Mytel)・・・ベトナム軍隊通信グループ(ベトテル)。

※テレホンカード(プリペイドカード)の種類
 ・各通信会社ともに、1,000ks(約80円)~10,000ks(約800円)
  の間で5種類くらい。

尚、ミャンマーで販売されているスマホには、SIMカードが2つ入る
機種が多いです。(iPhoneは一つですが。)

因みに、私は「MPT(通話用)&Ooredoo(データ通信用)」で
利用しています。(2020年7月現在)

以前は、日本からWifiルータを持って来られる方が多かったですが、
上記の状況などを考慮してご検討ください。

Mptprecard
◎MPTのTop Up Card(プリペイドカード)=表=

Mptprecard_20200730200701
◎MPTのTop Up Card(プリペイドカード)=裏=
 チャージの手順がミャンマー語と英語で書いてあります。

Tel
※スーパーマーケットやコンビニでは、上の写真にある
 カードをレジに出して支払いを行い、レシート用紙に

 番号が印刷されて渡される販売方法もあります。

2020年7月22日 (水)

●ヤンゴンの宅配事情

◆ミャンマーにも宅配サービスが増えています。

2020年3月からミャンマーでも拡大したコロナウィルス禍をうけて
宅配サービスが急成長しています。

フードパンダ、グラブフードなどの制服(T-シャツ)を着て
飲食店、ショッピングセンターなどから依頼人の元へ食べ物を
自転車で配送しています。

ミャンマーの配送サービス(物流マッチング)としては、Hi-So
ありますが、配車サービス大手グラブ(Grab)も2020年7月17日に
ミャンマーの最大都市ヤンゴンで、食品など日用品を配達する
サービス「グラブマート」を開始したとの発表がありました。

このサービスは、アプリを通じて注文を受けた生鮮食品や
生活用品、医薬品などを1時間以内に配達するもので、
商品は、地場キャピタル・ダイヤモンド・スター・グループ(CDSG)が
運営するコンビニチェーンのG&Gなど提携先が販売するそうです。
配達状況を追跡できる機能も付いているそうです。

ミャンマーでは新型コロナウイルス感染症の収束後も、
宅配サービスへの需要拡大は続くと見られています。

グラブ(Grab)は、ミャンマーのほかカンボジア、インドネシアなど8カ国、
50都市でグラブマートを展開していて、提携するスーパーやコンビニは
3,000を超えるそうです。

ミャンマーの物流環境も急激に変わってきていて、
大好きな半間間口の
雑貨屋さんや路上市場の露店などが
いつまで続くのか気になっています。

20200722foodpanda_20200722235101
◎フードパンダの自転車がいっぱい。
 (ショッピングセンターの前にて)

202007deliveryarea_20200722235101  
◎ショッピングセンター内の飲食店への
 デリバリー注文受付&待合場所。
※このショッピングセンターは飲食店と
 スーパーマーケット以外は閉店していました。
(2020年5月)

2020年7月16日 (木)

●ミャンマーのマスク・コンテストに参加!

◆アウンサンスーチーさんのマスク・コンテストに参加しました。

2020年5月13日、ミャンマーのアウンサンスーチー国家顧問は、
コロナウイルスの感染防止対策として「手作りマスクコンテスト」
フェイスブック(Facebook、FB)で呼びかけました。

国内外から約2万1千人の応募があり、私たち(3投稿)も参加しました。

5月24日には、スーチーさんがその中から選ぶ作品に与えられる賞が
発表され、
東京在住のミャンマー人の方が受賞したとのことです。

スーチーさんは、FBに自作のマスクをつけた写真を投稿し、
「みなさんにマスクを使ってもらう方法を考えた」として
コンテストを提案。
事前に告知されていたこともあり、数分後には、千件近い投稿が
ありました。


この呼びかけは、ミャンマーにおけるコロナウィルス禍の抑制に
大きな
効果があったと思われます。
(下記の新型コロナウイルス感染者一覧:参照)


ミャンマーではマスクの習慣はなかったようですが、
このコンテストを機に
マスクをつける人が増え、
手作りマスクをした人も良く見かけます。

※手洗い・うがいと共にミャンマーの中で習慣化すると良いですね。

20200513
◎5月13日に投稿したFacebook写真(7月現在)

20200513maskpj01_20200715195601
◎投稿したマスク。。。ミャンマー&日本の友好を願って!

202007maskpj
◎頂いた「コンテスト参加の証明書」(感謝!!)

<アジア主要国・地域の新型コロナウイルス>2020年7月15日
◆国・地域    累計感染者数(前日比) / 死亡者数(同)
 日本       22,508(+332)       /  984(+2)
 中国       83,611(+6)       / 4,634(0)
 香港        1,569(+48)      /   8(0)
 台湾         451(0)        /   7(0)
 韓国       13,551(+39)      /  289(0)
 タイ         3,232(+5)      /   58(0)
 ベトナム       373(0)        /   0(0)
 ミャンマー      337(+1)       /   6(0)
 カンボジア      165(0)        /   0(0)
 マレーシア     8,729(+4)      /  122(0)
 シンガポール   46,879(+249)     /   26(-)
 インドネシア    78,572(+1,591)   / 3,710(+54)
 フィリピン      57,545(+634)    / 1,603(+4)
 インド        936,181(+29,429) / 24,309(+582)
=========================
※累計感染者数(治癒した人を含む)、
  日本はクルーズ船を除く国内感染
  (自治体公表資料の7月14日集計分)



2020年7月 7日 (火)

●ミャンマーで極上のマンゴーを堪能!

◆ミャンマーでは、5月から7月にかけてマンゴーが美味しい季節です。

日本ではマンゴーは高級な果物と位置付けられているように
思いますが、ミャンマーでは季節になると街中にたくさん出回り、
露店、行商など、
いろいろな方法で売られていますので、
気軽に買って堪能してください。(1個から購入可能です。)

ミャンマーで売られているマンゴーにはいくつか種類があります。
 ・セインタロン・・・個人的に一番好きです。
       ※1個の値段は800ks~1,000ks位(約80円)です。
        セイン(ダイヤモンド)のタロン(一番)が名前の由来
        という
説があります。
 ・マチス
 ・イングエ
 ・ミャディー

セインタロン以外は、あまり食べないのでご紹介するのが
難しいです。m(__)m

ミャンマーでは、青いマンゴーもサラダなどに入れて食べることが多いです。

因みに、マンゴーは漆(うるし)の仲間なので、かゆくなることもあるので
気をつけて食べて下さいね。

601
◎露店でマンゴー(セインタロン)を。。。
Roten03
◎ゼイ(市場)で。。。
 りんご、マンゴー(セインタロン)、
 マンゴスチン、ドリアン
Ocean02_20200714000701
◎スーパーマーケットで。。。
 ドラゴンフルーツ、パイナップル、
マンゴー
5_20200714001901
◎セインタロン
Bananamangoshwepuzun01
◎シュエプズンのマンゴー(セインタロン)
 1個は1,000ks。オススメ!!
5
◎ドライマンゴー作り
502

Photo_20200714001901  
◎ドライマンゴーヨーグルト(最高です)

2020年7月 3日 (金)

●ミャンマーの寄生虫予防について

◆ミャンマーの寄生虫予防について

日本では寄生虫のお話しはあまり聞きませんが、ミャンマーを
含めて、アジアでは寄生虫はまだまだ多いようです。

寄生虫の感染経路は主に生野菜に付着している卵を食べることに
よります。

寄生虫(回虫)が1匹いるくらいでは、問題は起きないようですが
数が増えると塊となって腸閉塞になったり、回虫が作る毒素で
めまいや嘔吐、けいれんなどになることがあるそうです。
ひどいと虫垂炎の原因になったり、脳に侵入しててんかんの発作
を引き起こす例もあるそうなので、甘く考えない方が良いです。

そこで、定期的(半年、又は1年に一回)に虫下しの薬を飲んで
予防した方が良いと思います。

ミャンマーの薬局で購入できる薬としては「Fugacar」が
あります。値段は1,200~2,000ks/1箱(2020年7月現在)。
(呼び名は、フガカー?)

「一錠にメベンダゾール500mg」ですが、日本では1回100mgを
1日2回で3日間飲む分量になっています。
薬の規制がミャンマーではゆるいのかもしれませんが、
半分に割って、1日2回くらいに分けて飲んだ方が良いようです。

202007fugacar
◎ミャンマーの薬局で、写真を店員さんに見せて、
「ダー ペーバー(これください)」
と言えばOKです。(あれば、すぐ買えます。)
”City Care”は、薬局の名前です。

2020年7月 2日 (木)

●ミャンマーでバス旅行を楽しむ

◆ミャンマーでのバス旅行は快適!?

ミャンマーでは、国内の長距離移動手段として、飛行機、バス、鉄道、
専用車
があります。


長距離バスは事前にチケット手配が必要です。

利用時期にもよりますが、満席になることも多いようです。
現地での会話に自信があれば、バス会社にて直接購入することも
可能です。

会話に自信がない方は、現地の旅行会社へ手配をお願いした方が良い
と思います。
特に、ヤンゴンに事務所のある”さくら観光”は、スタッフの皆さんが
日本語
堪能で、とても親切なので、日本語のメールや電話で
手配が可能で便利です。    【私見ですが。。。(=^・^=)】

※さくら観光は≪お勧めサイト≫にてご紹介していますが、
 「地球の歩き方=ミャンマー編=」にも掲載されています。

長距離バスには、3列のリクライニング・シートで女性の添乗員が
軽食などをサービスしてくれる会社もありますので、
事前に良く確認してください。

VIPバスで人気のある「JJ EXPRESS」が、新型コロナ感染対策
として
個室バスをリリースしたそうです。【2020年7月11日追記】

JJ EXPRESSでは、この個室バスを運行するのは
「ヤンゴン⇔マンダレー間」
のみの予定で、
料金は29,800ks(約2,400円)とのことです。

運行は2020年6月15日からで、個室は17席だそうです。
Busjjpress

バス料金は、バスのグレード・行き先・時期などにより異なりますが、
髙くても数十ドル(旅行会社の手数料込み)なので、飛行機に比べる
リーズナブルです。


尚、雨季はスリップ事故が多いので、高速道路を利用する移動は
お勧め出来ません。

◆さくら観光様で手配可能なバス各社。【2020年7月2日現在】
  
🚌 Famous Traveller Express
🚌 E Lite Express
🚌 JJ Express
🚌 High Class Express
🚌 Mandalarmin
🚌 Khaing Mandalay
🚌 Shwe Madalar
🚌 Shwe Mandalay
🚌 GI Group
🚌 LUMBINI Express
🚌 Myat Mandalar Tun
🚌 Moe Kaung Kin
🚌 Academy
🚌 Tet Lann
🚌 Htet Nay Won
🚌 Shwe Zin Satkyar
🚌 Shwe Taung Yoe
🚌 Shwe Lonn Pyan
🚌 Bagan Minnthar
🚌 New Mandalar Tun
🚌 Mann Yar Zar
🚌 Yar Zar Tun
🚌 Nan Htaik Taw Win
🚌 Moe Htet Akar
🚌 Chinn Taung Tan
🚌 Ye Aung Lan
🚌 Zay Yar Myaing Gyi
🚌 Ngwe Hnin Mandalar
🚌 Anty Win
🚌 Myo Set Thit
🚌 Asia
🚌 Shwe Yar Zar
🚌 Thein Than Kaday
🚌 Zay Yar Shwe Pyay
🚌 Mya Yadanar
🚌 Kan Htoo Aung

★ミャンマーでは、新設、休業などがよくありますので、
 必ず、直前にバス会社or旅行会社へお問合せくださいね。

Myanmarbus01
◎ミャンマーの高速道路を走る長距離バス

2020年7月 1日 (水)

●ミャンマーの給与(賃金)事情

■ミャンマーの給与(賃金)について

ミャンマーの給与に関する統計的な情報は少ないので、
海外から進出する企業にとって、適正な報酬を支給することは
悩ましいようです。

ミャンマーでも最低賃金は法律で決められています。

【最低賃金】2020年7月1日現在
・ミャンマー 月額 US$90-(4,800ks/日)
       ※1か月の労働日数・・・26日として計算。

 ◎2020年に改定が予定されている。(労働者希望:8,000ks/日)

(参考)
・カンボジア 月額 US$190- ※縫製業が対象。
・ベトナム  月額 US$133~191- ※地域にて異なる。

ミャンマーの最低賃金は、縫製業などの工場にて適用されていることが
多いようで、大学卒業して事務職やエンジニアとして働く人たちの給与
は高騰しているようです。

大卒の初任給は、15万KS~40万KSとの噂もあり、ベテラン公務員
の給与よりも高くなっているそうで、いろいろな課題がありそうです。
因みに、先生(小学校~大学)も公務員です。

また、職場や友達の給与は本人がオープンにすることが多いので、
給与を決める立場の方には悩ましいようです。

ミャンマーでは、職場の良否も給与で判断されることが多いので、
職場環境、社員教育、人事考課などへの取組を充実させ、
成長することにより報酬が増えていくことを伝えていくことが
大切だと感じます。

ミャンマーでは給与の支給日は企業により異なりますが、
支給方法は、口座振込より現金手渡しの方が主流です。
現金支給の場合は企業の経理担当者も大変とのことです。


銀行は過去につぶれたこともあるそうで、ミャンマーの
皆さんはあまり信用していないようです。

1000_20200701134901
◎1,000ksの札束

カテゴリー