00自由の森学園 創立趣意

●設立趣意書 1984.04.01

■創立の趣意書■

1984年4月1日  自由の森学園設立委員会 代表 遠藤 豊

 いま、混迷を極めている日本の教育情況の中で、私たちがあえて人間の自立と自由への教育を追求する新しい学園を創設しようとするのは、人間性の本質に深く根ざした人間の教育をひらく典型的な学校を、この地上に現出させることを強く決意したからです。

 かけがいのない個の人間として、それぞれ異質で多様な可能性を潜ませていながら、いまの画一的な教育の中で萎えてしまっている若者たちの秀れた資質をひきだし、想像力を解放し、心の自由を育てる、そうした教育をつくりだすことを決意したからです。

 学校教育の荒廃が叫ばれてから久しいのですが、日本の学校をおそっている狂気の現象は、いっこうに改善される徴候をみせていません。
授業にならない教室、集団の病理ともいうべき`いじめ、の問題、増加している登校拒否、頻発する校内暴力やいわゆる非行、そして、いたましい子どもの自殺など、いちいち例証をあげるまでもなく、いまや学校には教育の名に値する教育がなくなっているといっても過言ではないくらいです。
 しかも、こうしたできごとは、いわば、氷山の一角ともいうべきものです。
重要なのは、その水面下で学校教育の破局的状況が進行し、若者たちや親や教師の不幸が深くなっていることです。
 テストの点取りや偏差値アップのために、規格化されたできあいの知識を伝達し、堆積させ、それをすばやくまちがいなく再生するテープレコーダーのような能力の養成をめざす教育は、授業を底の浅い質の悪いものし、生徒を受け身にし、自由な思索や実験精神や想像力を枯渇させています。
生徒がさまざまな出会いを体験し、自らの内なる現実とかかわったしかたで知識や技術を深く学ぶこと、高い表現をつくりだすこと、そして、新しい視野を開く楽しさ、自分を発見することの喜び、などを感じとることを不可能にしています。
 そればかりではありません。
こうした外発と強制を手段とする画一的な教育の体制を破綻させないために、学校は生徒の生活のいちいちを校則によって規制し、管理を強化するという方法をとらざるをえなくなってきています。
恐ろしく思うのは、このような対応が今の事態を改善するうえで効果のないことをみると、こんどは、力の対決という構図になってきていることです。
すでに、学校ファシズムという言葉はすっかり定着してしまい、多くの学校に全体主義的な傾向を強める風景があらわれてきています。
そして、規則づくめのまるごとの生活規制がつくる閉塞感、抑圧感が、学校や教師への不信憎悪を増大させているのです。
 いま、日本の学校がおちこんでしまっているこのような荒涼たる退廃には、いくつかの要因が重なりあっています。
しかし、最も根本の要因は、中学校あるいは高等学校までに身につけるべき一定量、一定範囲の知識・技術を外在的に固定化し、教師は授業でそれを伝達し、テストの点数や偏差値などの一元的な価値基準で生徒を優劣に序列化し選別していく、そういう能力主義の教育に、いまの学校が完全に制圧されてしまっていることにあります。
経済の高度成長に伴う生活様式の変化が、親を、生徒を、こうした単色の価値観のとりこにしていったという事情も、これと深くかかわっていることはたしかです。
 そうした能力主義・管理主義の教育体制の檻の中で、若者たちのしなやかな感性、想像や創造の力、そして興味や個性がおし潰され、閉塞状況に追いこまれ、学校は活性を失っているのです。
 しかし、ここで考えなければならないことがあります。
それは、若者たちの想像や創造の力を衰弱させ、夢をうちこわし、志を失わせて、とめどない荒廃に拍車をかけている画一的で外発的な強制の教育は、たんに国家や行政が一方的に押しつけたものとはいいきれないことです。
そうした能力主義・管理主義の教育を推進した中に、私たち教師自身、そしてそれを求める親自身もいたのです。
 私たち大人の精神構造の中に、しっかりと根をおろしてしまっている「点数信仰」、「成績万能」の思想(妄想)は歴史的なものです。
それは明治以来、一度もその破綻が顕在化することなく、私たち日本人の精神構造の中に深くもぐり、しっかりと根をおろして強いものになってきています。
そうした内なる能力主義の教育思想が、生徒を「物化」し、操作対象にするかえることで成り立つ画一的な人間疎外の教育をおしすすめる役割を果たしてきたのです。
 いま、こうした日本の教育状況のなかで、私たちが、これまでとはちがった新しい学校を創るという困難なしごとに踏みきったのは、こうした学校教育のありようを根底からとらえなおし、人間の本性に深く根ざした人間の教育をひらく学校を、この地上に現出させたいと希うからです。
 人間の子の人間として底知れない可能性をはらんでいる未成熟な子どもや、かけがえのない人生のいまを生きる若者たちが、人間として自らを生きるために欠くことのできない営みとしての教育、そうした教育から若者たちを遠ざけて、点とり競争と選別の機関になりさがっているいまの学校教育のありよう。
 かけがえのない個の人間として、それぞれ異質で多様な可能性を潜ませている若者たち、その若者の夢をうちこわし、早い時期に自分をあきらめさせ、規格化した知識の量を競わせて、想像力を枯渇させてしまっている教育のありよう。
 このような学校教育のありようを根底から変えて、ひとりひとりの若者たちが、ほんものの知識を形成的な方法で深く学びとり、高い表現つくりだし、想像力を豊かにして、自立的な自由への意志を育てる教育を創る、そういう学校を誕生させることを強く決意したからです。

そして、それが学校教育における子どもの不幸を救い、日本の学校教育に人間性、全体性をとりもどす契機になり、土台になることを希っているのです。
 ですから、こうした教育の展開は、既存の学校教育を貫く価値や支配原理を変えていったり、ちがった原理を対置したりして、改めてその緊張関係や二重性について視野をひろげていくことになるでしょう。
 これまでの学校教育は、何よりも効率性を軸とし、合理性や客観性、数量化、あるいは速さや正答主義、教授方法の限りないシステム化などを支配原理として展開されてきました。
それが固い組織になってしまって、画一化し、硬直化して人間疎外を進行させているのです。
 こうした学校教育の画一化・硬直化を超えて、自由な発想や創造性をとりもどしていくには、効率性や速さや正答主義といった原理には、ゆっくりと待つことや誤答や試行錯誤のもつ価値を、点数や記号による計量化には
文章による記述やプロフィル的な把握を、合理性や客観性にはファンタジーや想像性や即興性を、教授方法の規格化には教師の個性的な力量を、また固定化した知識の量やその蓄積に対する盲信には、体験や実在から
の出発と生徒自身の思考による知識の形成と深い認識を、そして、能力や適性には願望や可能性という価値を対置したり、これらの二重性や緊張関係について視野をひろげていくことが必要だととらえているのです。
それは、もともと教育というしごとが人間と人間との関係性によって成り立つものだからです。
 そうしたとりくみが、生徒と教師が共に深く学ぶ授業を創り、ものをつくる、育てる、他者にはたらきかけるなど等身大の体験と豊かな人間的ふれあいの場をつくり、開かせた、せいいっぱいに学ぶ場としての学校をつくりだしていきます。
 このような開かれた学校のなかで、生徒たちが、教師と出会い、作品と出会い、他者と出会い、自らを問いなおし、新しい視野を開き、自己を発見し、自立した自由へのはっきりとした意志をもつように成長していく。

 私共は、自由の森学園の創設に、そうした新しい教育の誕生をかけているのです。
 それが憲法26条の主文「すべて国民は、・・・その能力に応じて等しく教育を受ける権利を有する」とうたわれている、国民の教育を受ける権利にこたえる営みとしての学校教育の実質をつくることであるといってもよいでしょう。

 ですから新しい学園は、さし当たり、まず中学校・高等学校を設け、そこで6ヶ年の一貫教育を行うことにしていますが、近い将来に小学校を設け、大学を設けることも構想にいれています。
 ともあれ、人間の本性に根ざし、二十一世紀という人類がかって経験しなかったような新しい状況に直面して生きる若者たちを育てる教育の出現は、いま心ある親なら誰もが希っていることでしょう。
そして、それは私立学校として自由な市民の手でつくりだされ発展させられるべきものだと考えるのです。

 心ある多くの人の賛同と援助をお願いしたい。

=以上です=

| | トラックバック (0)

●自由の森学園とは ~教育方針etc~

■自由の森学園中学校・高等学校■
埼玉の飯能市にある自由の森学園は、文部科学省に認可された学校です。
子どもの個性を大事にしようと、独自の教育を行っています。

自由の森学園は、人間の尊厳を基調として、若者の可能性にはたらきかけ、異質で多様な能力をひきだし、心身にわたる成長を助け、自立した自由へのはっきりとした意志を育てることを教育の基本的な目標としています。
自由で開かれた思考の展開と内面の世界の発展とを大切にする質の高い授業や、心と体を解放する芸術的な創造活動、自然や社会や人間という他者の発見・共感・交流を可能にする体験の教育、そして、自分自身を再発見し、形成していくことを助ける「観」の教育、それが自由の森学園です。

深い知性、高い表現、等身大の体験、そして「観」の教育が、自由の森です。
深く学ぶ授業が創出され、展開されることによって、学ぶ喜びに目覚めことができます。
想像力が解放され、思考する力、創造の力を伸ばすことができます。
芸術による教育を重要視し、優れた表現をつくりだすことで、心とからだが解放されます。
恵まれた自然の中で「ものつくり」「農作業」などの体験の教育を行ない、しなやかな鋭い感性が育まれ、感動を豊かにする能力が育ちます。
他者と出会い、人間同士の相互性に気づき、自我の発達を助けるとともに、自然との共生の問題を考えます。
高学年になるにつれて、生徒がそれまでに学んできた教科の知識や技術を総合し、自らの人生観・世界観をつくる基礎となる総合学習を行ないます。

点数による序列化と選別のない教育を行っており、テストの点数や成績という一元的な尺度によって、生徒の優劣を格づけし、選別する教育はしていません。それは、すべての生徒が、賢い、健康な、人間らしい人間として成長するのを助けることを教育の目的とするからです。
また、少人数クラスによるゆとりのある教育が行われています。中学校は1クラス30人以下の少人数学級であり、ゆったりとした教室空間の中で一人ひとりの疑問や意見を大切にとりあげています。
高校も2000年度からは全学年で30人学級を実現しています。

自由の森学園では、定期テストを実施していないので、点取り競争をてことする縦の支配がなく、生徒たちは生徒同士の横のつながりを意識し、育てるようになり、色々なことを話し合うようになっています。
教師に対しても、上級生に対しても、「○○さん」や「ニックネーム」で呼び合って、親しい関係がつくられています。これが他にないアットホームで民主的な校風を作っているのだと思います。

自由の森学園の授業は楽しいです。
授業は狭く深く学べる。ピンポイントで、興味深いテーマで授業が構成されています。
例えば体育の授業でも、自分(の身体)を見つめることのできるもの(自分の身体がどう動いているのかを知ることのできるものなど)を中心にやります。
留年せずに、留学することも許してくれるような環境が、自由の森学園にはあり、生徒がやりたいと思ったことができる学校です。

自由の森学園には、色々な生徒がおり、生き方も色々であり、そういう子どもたちに自分の力で生きていくこと(生きる力)を身に付けさせてくれる場所だと思います。

大学に行きたくなった時に、大学に行くという選択肢を持っていられるという点は、文部科学省に認可されている学校の利点でもあると思いますし、多くの保護者は、「自分もこのような学校で中学・高校時代を過ごしてみたかった」と思っています。

■END■

| | トラックバック (0)

●自由への教育●

■~自由の森学園の教育~
深い知性・高い表現・等身大の体験 そして「観」の教育を

本日(11/27)、レイチェルさん(社会科)のお話しを聞き、
父母の皆さんといろいろな事を考え、楽しい時間でした。

その中で、印象に残った言葉です。

■1987年の入学式で、遠藤校長が子ども達に話しかけた中から《抜粋》

「自由というのは、自分で何かを選びとることです。
心の自由、精神の内面の自由をうちたてることです。
しかし、それには深く学ばなきゃいけない。
そのことで初めて自分で、自分の道を選択することができる、
自由に何かを選びとることができるということが初めて可能になりますね。
だから、自由の森学園の教育は、自由な教育ではありません。
いいですか、もう一度いいますよ、自由な教育ではありません。
自由への教育です。」

■自由への教育の入り口です。(飯能市小岩井、2004年11月)
jimori-iriguti.JPG

◎レイチェルの授業に関する感想(女生徒)
「あまり好きでなかった社会-歴史を好きになりました。
歴史を知ることは、今の世界を知ることなんだということ分かりました。
レイチェルさんから出てくる歴史の話は物語のようで私はとても好きです。」

この感想を読んで、私はレイチェルさんの授業に参加したくなりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

00自由の森学園 創立趣意 | 01自由の森学園とは | 02「自由の森」の学び | 03「自由の森」の学び(美術) | 04学び(選択講座) | 05スケジュール・年間日程 | 06募集活動・受験・編入 | 07自由の森学園 アクセス・地図 | 08 広める会 | 12自由の森通信(広報部) | 13自由の森関連の記事・放送 | 14自森方言・ニックネーム | 15授業参観・保護者会 | 17自由の森 20周年 | 18自由の森 25周年 | 20 入学式(4月) | 21体育祭(5月) | 22終業の会(7月・3月) | 23オープンスクール・体験(夏) | 24学園祭(秋) | 25公開教育研究会(秋) | 27音楽祭(12月) | 29学習発表会(2月-3月) | 30 卒業式(3月) | 31教員の活動(公開講座) | 32教員の活動(市民講座) | 35教員の活動(森の音楽会) | 36教員の活動(学外) | 39自由の森 進路指導部 | 40自由の森 食生活部 | 41自由の森 図書館 | 45「自由の森」の風景(四季) | 55中学・高校-修学旅行 | 56学年ワーク | 63クラブ活動(芸能系) | 64クラブ活動(サンバ音楽隊) | 65クラブ活動(スポーツ系) | 67クラブ活動(犬猫サークル) | 69在校生の活動(etc) | 70卒業生の活動(出版) | 71卒業生の活動(音楽) | 72卒業生の活動(教育) | 73卒業生の活動(芸能) | 74卒業生の活動(各種) | 75土曜開放(各種講座) | 76不登校生とその親の会 | 79講演企画in自由の森 | 80クラスの保護者企画 | 82保護者・世話人の情報 | 88響いた言葉 | 90地域・飯能まつり | 91地域・飯能日高のイベント | 92飯能日高子ども劇場 | 93地域:国内 | 97地域:教育・子育て | 99地域:海外